2015年12月07日

帰ってきたMr.ダマー バカMAX!の感想



帰ってきたMr.ダマー バカMAX!を観た。


常識外れの男ふたりの物語。

自分に娘がいることを知り、会いに行こうとする。

遺産目当ての殺し屋に命を狙われるが・・・。


というストーリー。


ジム・キャリー主演の映画。


あり得ないくらいの常識外れぶり。


個人的に擬態・保護色の殺し屋がツボだった。


今度はどこにいるんだろう?という感じで。


あと、娘さんがまた常識外れで面白かった。


発想がぶっ飛んでいる映画だった。



posted by めんめん at 07:10| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。