2015年11月24日

アントマンの感想



アントマンという映画を観た。


マーベルコミックが原作。

小さくなれるスーツを着た男が、

小さくなれる技術が悪人に渡ることを阻止する映画。


アクションシーンはさすが。


小さい世界でのアクションは、大きな世界には影響を及ぼさない演出がうまい。


さらに、その考えを覆す演出も面白い。


トーマス!トーマス!目が動いてる。


分かりやすい映画だった。


なーんにも考えずに楽しめる映画って大事だよねー。





posted by めんめん at 16:43| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。